大人がやり直す英語

【初心者向け】TOEIC初心者が独学で600点目指す完全ロードマップ

  1. HOME >
  2. 大人がやり直す英語 >

【初心者向け】TOEIC初心者が独学で600点目指す完全ロードマップ

TOEIC初心者が600点達成する完全独学ロードマップ

TOEICって、そもそもビジネスチックで難しいってイメージがよくあります。

なので、独学では難しいのではって思うかもですが、やり方はあります。

とはいえ、初めてTOEIC対策をやっていく人にとって、何からやれば良いの分からないって疑問があると思います。

なので解決方法として、初心者が実際にやってみて効果があった方法をロードマップにまとめて解説するので参考にしてください。

この記事はTOEIC初心者向けに書いています。なので中級者以上の人は結論だけでも見てもらいたいです。まず、初心者がいきなりTOEIC600点を達成するには、結構大変です。まぁこれは現在地点がどれくらい英語力があるかにもよりますが…。とはいえ、初心者ほど、行き詰まりやすいので、事前に達成方法の情報を集めておくことは重要です。

という事で、早速ですが600点達成するためのロードマップを解説していきます。

完全ロードマップ一覧

  • 英単語の暗記(単語暗記でやってはいけないこと・やることを解説)
  • 中学・高校英語の復習(TOEICパート5の解説が理解できるかで判定)
  • TOEIC文法問題を対策
  • TOEIC長文問題を対策

英単語の暗記(単語暗記でやってはいけないこと・やることを解説)

単語がわかないと、リスニングもリーディングも対処できないので、ここからが最初の一歩です。

中途社会人
暗記って言われても苦手だし…

暗記って苦手って思う人も多いと思いますが、単語を覚えておくことは後々重要になってくるので、最初にやっておきましょう。

英単語の覚え方でやってはいけないことについては、こちらを参考にしてください。

単語暗記でやってはいけないこと

  • 単語と意味は1対複数でやってはいけない
  • 単語のスペルのみで暗記を進めてはいけない
  • 覚えた単語と覚えていない単語をごちゃ混ぜにしてはいけない

では、細かく解説していきます。

単語と意味は1対複数でやってはいけない

1つの単語には、たいてい複数の意味が書いてあります。これを最初から全部覚えようとすると、記憶が崩壊します。

中途社会人
私は複数の一気に覚えようとして最初失敗しました…

なので、最初は割り切って、一番大きく最初に書いてある意味だけを覚えましょう。その他の意味は実際に問題集で間違えながら振り返るのが最適解です。

単語のスペルのみで暗記を進めてはいけない

これは文字だけで単語の暗記を終わらせてはいけないという意味です。

音声と文字をセットで覚えるのが重要です。そもそも、音声抜きで覚える方が定着が悪く、朝覚えても昼には忘れてしまうぐらい、暗記したのが抜けていきます。実体験として、音声抜きだと5倍音声ありよりも暗記に時間がかかりました。

音声は当然リスニング対策になるので、書いてあるのはわかるけど、聞いたらわからないっとなっていまうので、音声は必ず暗記のセットで使いましょう。

覚えた単語と覚えていない単語をごちゃ混ぜにしてはいけない

単語帳を進むにつれて、振り返りに使う時間がどんどん長くなってきます。覚えた単語の一緒に振り返ることで記憶するメモリーが削られてしまう場合がよくあります。なので、記憶するメモリーは、まだ覚えていない単語につぎ込みましょう。

その為には、単語帳の隅に覚えていない単語をチェックして、段々と消していく方法がおすすめです。

これで単語帳の反復時間を短くすることができます。

次に英単語の覚え方でやることについて解説します。

まず、重要なことは忘れていきながらも反復+テストが暗記のコツです。

具体的には次のとおりです。

暗記のコツ

  • 前回覚えた単語20個復習+新規20個暗記を1セットにして、夜に反復する
  • 100個まで暗記が進んだら、最初に戻って暗記の再テストを自分でやる
反復を回数多くやっていく事が英単語を暗記するコツです。そして効率的に反復するには音読が一番効果がありました。なので、音声CDがしっかりと作られた単語帳でやる事がとても重要です。

音読するのは、リスニングに良いのは当然として、とにかく頭に残りやすいってのが一番の特徴です。だから音読を必ずやりましょう。

英単語の具体的な覚え方

  • 7割以上忘れていたら、新規暗記はヤメにして1日を復習にあてる
  • 3割以下の暗記の漏れならば、チェックだけして、新規暗記に進める
  • 自分で再テストをやるときは、スペルだけの暗記になっていないか確認するため発音しながらテストする

 

 

単語帳については。実際に色々と買ってみて、音声抜き単語帳として得に優秀だったのがありますので、単語帳はこちらに解説しています。

【実体験】TOEIC初心者向けの単語帳選び方解説【おすすめ3選】

TOEIC初心者向けの単語帳選び方解説【おすすめ3選】 まず、最初に言っておきます。 単語帳選びで時間を費やすのは無駄。その時間に少しでも暗記し始めるべきです。 これから英語を独学で勉強するぞって時に ...

続きを見る

中学英語の文法を復習(TOEICパート5で判定する)

英単語とセットで重要なのが文法知識です。

文法が理解できていないと、例えばTOEIC問題集で解説を読んでも意味不明になってしまい、

この先模擬試験などに取り組む時に、文法の知識がどうしても必要です。

私は英語の知識ゼロから勉強を始めたので、TOEIC文法問題の解説を読んでも、最初は意味がさっぱり分かりませんでした。というレベルだったので中学英語の復習から文法対策をやっていく事にしました。後々実感しましたが、これは私のような超初心者が英語学習するには最適解でした。

では、どのくらいのレベルの人が文法からやり直すべきなについて、解説します。

文法復習レベル判断

TOEICパート5文法問題の解説を読んでみよう

  • 理解出来なければ中学英語から始めよう
  • 少しだけ理解出来るならば高校英語から始めよう
  • 正解出来そうだなと思えばTOEIC問題集から始めよう
私がTOEIC問題集をやったのは、独学を初めてから3~5か月後くらいからでやっと、それまでは中学英語、高校英語を復習しました。

中学英語については、超基礎をうすいテキストでサクッと復習して、問題集で確認する方法が最適解です。だがしかし、中学英語の問題集って学生向けはあるけど、私のような社会人向けってあまり無いので要注意です。色々と本屋で探して、これはかなり使えるっていうテキストはこちらです。

 

このテキストは参考書と問題集がセットになっており、しかも問題がそこそこ多い比率なので、しっかり復習するにはベストバイでした。

補足:高校英語の文法を復習

中学英語の復習が終わったので、TOEICパート5文法問題の解説が理解できるか読んだけど、5割程度分からなかったので高校英語の復習もやりました。よくTOEIC600点は中学英語の復習で十分って聞きますが、私は全然ダメでした。なので高校英語の復習も行うのが王道だと思います。

↓この本は中学英語と書いていますが、高校英語も一部入っており、中学英語+αの復習には最適なテキストでした。

TOEIC文法問題を対策

中学英語・高校英語を復習した後だと、TOEICパート5の解説は読んで理解できるレベルになります。なのでここからはTOEIC用の文法問題集を使って対策をやっていきましょう。

TOEIC用のテキストを使う上で少しコツがあります。それは、最初は制限時間を無視する事です。TOEICは短時間で多くの問題を対処していく必要があるため、ほとんどのテキストで制限時間が記載されています。この制限時間内に解き終わるのは最初は無理です。なので、一番最初は制限時間を無視して良いので正答率を高める事に注力しましょう。

TOEIC問題集の注意点

  • 最初のうちは制限時間を無視して1問ずつじっくり考える
  • 解説をじっくりと読み込み、不明点は中学・高校英語のテキストで振り返る
  • 試験が近づくにつれて制限時間を目安に解いていく

 

TOEIC長文問題を対策

長文対策は初心者のうちは、一番最後になるため手薄になってしまう傾向があります。

私も初めてTOEIC受験した時は、残り30問程度は完全に塗り絵状態でした。初心者が得点源には出来ない分野だと思いますが、少しでも得点できるように、少しは対策をやっておくべきと思います。単純なやり方ですが、効果があった方法を紹介します。

TOEIC長文対策のやり方

  • 英熟語の暗記を増やす
  • 飛ばし読みや速読は無意味
  • パート6の短い文章から挑戦する
  • パート7は1文章のみ挑戦する

 

パート7対策についてはこちらの記事で細かく解説しているので、こちらの記事↓を参照お願いします。

TOEIC初心者がパート7を攻略する完全ロードマップ

TOEIC初心者がパート7を実際にやってみて、効果があった方法を3つ紹介しています。失敗した事も含めて解説しているので参考にして下さい。

続きを見る

パート7は2文章や3文章問題まであるので、上記対策では不十分ですが、クラスでは上の3点を対策しておくだけでTOEIC600点を達成できると思います。

そもそも長文対策は、単語×文法がしっかり出来ていないと読解出来ないので、すぐにはスコアアップ出来ないと考えておいたほうが精神衛生上良いです。

以上がテキストを使った独学方法の解説です。

番外編 スマホを使った勉強法について

テキストで勉強する以外にも、いまはスマホにアプリを入れたりして勉強する事が出来ます。

スマホでTOEIC対策する代表的な方法

  • 単語帳アプリを使ったクイズ
  • YouTubeで英語ドラマを見る
  • スタサプなどの有料アプリを使う

これらは、テキストを持ち歩けないところでも、スマホだけで勉強できるっていうのがメリット大です。私の場合はスタサプがTOEIC対策にはかなり有効だなと思いました。

スタサプについては、無料でやれるところがあるので、試してみるのもアリだと思います。実際に無料でどこまで出来るのかをまとめましたのでこちらを参考にして下さい。

【実体験】スタディサプリをTOEIC初心者が使ってみた

ContentsスタディサプリをTOEIC初心者にも効果があった結論各コース概要コンテンツ別に評価してみたスタサプは文法の講義が効果が高いパーフェクト講義が凄い講義の概要シャドーイング「基礎講座」「T ...

続きを見る

私も現在まだまだTOEIC勉強中ですが、やはり毎日少しだけでも英語に関わっていないと、急激に不正解を連発してしまうっていうのが率直な感想です。なので、当たり前ですが毎日英単語、文法、長文に関わる事が大事なんだなと痛感しています。

皆さんも日々勉強やっていると思いますが、これからも勉強を頑張っていきましょう。

(おわり)

 

-大人がやり直す英語

© 2021 人生100年ブログ Powered by AFFINGER5